バイナリーオプションまるおの体験ブログ

バイナリーオプション 覚えた手法で実際にバイナリーオプションのトレードをしたらどうなるのか?
バイナリーオプションのレードの様子をこのブログでお伝えします。

はじめまして、まるおです。
これまで1年くらいバイナリーオプションを勉強してきました。
勉強した成果が出せるのかどうか、実際にトレードをしてみようと思います。
覚えた手法やインジを駆使して何とか結果を出したいと思いつつトレードを
しますので、よろしくお願いします。

2017年10月

バイナリーオプション 本日のトレードはヒゲを意識したトレードをしてみました。

最近入るタイミングがどうしてもずれてしまうので、ヒゲを意識したトレードで

タイミングをとる練習をしてみました。

最近たまに使うやり方ですが、その日の相場にもよりますがいい感じで決まります。

特にトビを組み合わせた時は勝てる確率が高いです。

1回目のトレードです
2017-10-12
トビが出て長いヒゲがでたのでヒゲを見てのトレードです。

2つの組み合わせで、1分ローエントリーきれいに決まって1勝目

2回目のトレードです
2017-10-12a
ヒゲを意識して長いヒゲで入りましたが、逆へ動いて負け

仲値直前、ここはエントリーせず、様子を見るところでした。

チャートばかりに気を取られて時間をよく見ていませんでした。

3回目のトレード
2017-10-12b
ココもヒゲを意識して長いヒゲでエントリー

タイミング的にはよかったのですが、流れが逆なので心配でしたが

長いヒゲなので何とかいけそうかと思って勝負・・・しましたが負け

ココは流れが逆なので納得の負け 

でもそんなトレードではダメですね 不安があればトレードをやらない

本来はそうあるべきですが、タイミングをとるためにあえて勝負してしまいました。

4回目のトレード
2017-10-12c
ボリ2の位置でヒゲを意識してエントリー、最後はドキリトしましたが

ゴール直前に下がってゴール

端数を入れて勝負したので、これで負けたら止めるつもりでしたが、勝ててよかった~

5回目のトレード
2017-10-12d
ヒゲでのトレードががちょっと怖いのでトビで勝負しようと切り替えました。

でも思うように動かなくて微妙な勝ち

6回目のトレード
2017-10-12e
ここもトビで勝負ですが、微妙な動きで何とかゴール

ローソクの動きが上がったり下がったりを繰り返すのでここでいったん終了

ちょっと怖くて大きな勝負はできないです。

タイミングをとるためのトレーどでしたがまだまだうまくいかない感じですので

時間があるときにもう一度タイミングの練習をしようとおもいます。

午後からトビが出たところでいい形になったので少し勝負してみました。

動きがすこしおかしかったのですが、イメージしていたところまで

ローソクが来たのですべて1分ローエントリー

すべて戻されかけて危うかったのですが何とか勝てました。

とくに3本目は行けると思って少し大きめに勝負かけましたが、

危うくやられる~~って感じでした。

いちもと違う動きなのでこれ以上は無理かなと思いましたので

負けないうちにここで終了します。

<ハイローオーストラリア キャッシュバックが5,000円!>Japanese all-rounder


30 Second Binary options

 ※海外バイナリーの中で一番人気! 
 ※5,000円から始められます。 
 ※入出金決済が早い! 出金は最短で翌日、しかも手数料は0円


ぽちっお願いします








バイナリーオプション 本日はあまり勝率がよくない水曜日です。

このところチャートの動きが読めないのと苦手な曜日なので様子を見ながらトレード

金額も小さく抑えてのトレードになります。

始めると思った以上にやりにくい感じでした。

1回目のトレード
2017-10-11
どうも勝負しにくい感じでしたが、トビとズルの両方でているポイントなので勝負

1分ローエントリーでゴール 上手く勝てた感じです。

2回目のトレード
2017-10-11a
トビラインで入れなくて 再度ラインまで上がってきたら勝負するところを

間違えて様子を見てしまってからのトレードです。

再度ラインタッチで勝っていましたが、勘違いトレードでした。

ただ、ここはトビのラインと再度ラインまで上がってきたところを再度勝負できる

最近見つけたいい場所であることが最近のトレードでわかってきたところです。

確実の勝てるようにもう少し検証を重ねたいです。

3回目のトレード
2017-10-11b
ローソクの動きが小さいので怖かったですが、トビラインでの勝負

いったん戻されてドキリトしましたが、最後は下がってゴールです。

入るポイントが滑って下になってます。

もう少しハイローの画面も見ていないとダメですねぇ

この後はローソクの動きが小さかったりイメージが狂って何もできないので

昼間のトレードはここまでにします。

<ハイローオーストラリア キャッシュバックが5,000円!>Japanese all-rounder


30 Second Binary options

 ※海外バイナリーの中で一番人気! 
 ※5,000円から始められます。 
 ※入出金決済が早い! 出金は最短で翌日、しかも手数料は0円


ぽちっお願いします




バイナリーオプション 昨日の夜と今日の昼間はうまくトレードできない。

イメージが合わない、合ってもタイミングがずれてしまう。

昨晩は小さい金額で試してたらことごとく逆へ

負けた後、様子を見て大きめに勝負で取り返す。

少し利益が出たのでそこでトレード終了でした。

今日も朝から全然トレードできなくて、時間をおいて午後に勝負しました。

午後もローソクがいきなり飛んだりですごくやりにくい

怖いので小さい金額で勝負しましたが、昨晩と同じで途中で捲られ負け

いつもの形になっても入るポイントがずれて入れない
hatena
悩む悩むでした・・・

結局昨晩と同じでことごとく負けて、そのあと取り戻す 取り戻したら終了

取り戻すときはヒゲを意識したトレードになります。

いつものズルトビで勝負できないときはこれに限ります。

でもあまり勝負するところがないのが難点ですが、これも勝てる手法としてよく使っています。

2日連続で勝率は最悪!!

なんとか2日とも利益は出ているからよかったですが、

こんな時はやらないほうが無難ですね

<ハイローオーストラリア キャッシュバックが5,000円!>Japanese all-rounder


30 Second Binary options

 ※海外バイナリーの中で一番人気! 
 ※5,000円から始められます。 
 ※入出金決済が早い! 出金は最短で翌日、しかも手数料は0円


ぽちっお願いします



バイナリーオプション 本日は休日相場なのでいつもと違う感じです。

イメージしている位置までローソクが上がらない

ボラが小さくてやりにくそうな感じがします。

動きはイメージできてもローソクが小さいのでラインを引いたところまで来ない

無理に行けば取れそうなのですが、リスクを冒してまでやり必要なし

今日は仕事も入っているし、トレードはお休みにしようかなぁ

時間があればトビやズルのエントリーポイントを検証します。
konkyo
ローソクを見ながら入るポイントに根拠があるのか?

必ず根拠をチェックしながらトレードできるように練習しないとだめですね

<ハイローオーストラリア キャッシュバックが5,000円!>Japanese all-rounder


30 Second Binary options

 ※海外バイナリーの中で一番人気! 
 ※5,000円から始められます。 
 ※入出金決済が早い! 出金は最短で翌日、しかも手数料は0円


ぽちっお願いします




バイナリーオプション 本日はトレードがお休みなので1週間の検証です。

今の手法で勝てることはわかっているのですが、エントリーのポイントと

間違えたり負けた後にトレードが乱れる精神力の弱さになります。

負け始めるとなかなか戻せなくなって水曜のように大負けしてしまう

この勝負に負けたところは流れが逆なところで勝負してしまう
2017-10-05g
流れが逆なので1分ローエントーなのにローソクは逆へ・・・

流れに逆らうといきなりこうなることが多いですね

エントリーするラインだけに夢中になりすぎて、よく見ずに勝負してしまう

これさえ注意すればもっと勝てます

素直に流れに合わせてトレードすれば勝つ確率が高くなる 当然ですよね
2017-09-12a
ながれに合わせる事ってすごく重要になります。

流れが微妙になってるところはヒゲなどを見ながら勝負するかスルーする

なかなか勝負できないときになるとついついトレードしてしまう

こんなときが要注意ですね

とにかく流れに合わせることに集中することが今後必要になってくると思います。

単純なことですが、これができなくなる

難しいことですね 来週はこの流れを見て勝負していきたいと思います。

<ハイローオーストラリア キャッシュバックが5,000円!>Japanese all-rounder


30 Second Binary options

 ※海外バイナリーの中で一番人気! 
 ※5,000円から始められます。 
 ※入出金決済が早い! 出金は最短で翌日、しかも手数料は0円


ぽちっお願いします









↑このページのトップヘ